アナと雪の女王2|隠された秘密をめぐる物語がついに動き出す。

なぜ、エルサに力は与えられたのか―。 隠された秘密をめぐる物語がついに動き出す。姉妹の物語がついに完結! 日本で2014年に公開され、興行収入255億円の大ヒットを記録した『アナと雪の女王』の続編、『アナと雪の女王2』。日本中に主題歌の“レット・イット・ゴー”があふれ、世代を超えて大ヒット隣、社会現象を巻き起こしました。ディズニー・アニメーションの金字塔とも言える今作。続編ではどんな事が起こるのでしょうか…⁈ 『アナと雪の女王』の待望の続編のストーリーと、前作で解き明かされなかった秘密など、あなたも絶対映画館で見たくなる内容をお届けいたします。 アナと雪の女王2|ストーリー 彼女にしか聞こえない不思議な歌声… 命がけの妹アナによって、閉ざした心を開き、“触れるものすべてを凍らせてしまう力”をコントロールできるようになったエルサは、雪と氷に覆われたアレンデール王国に温かな陽光を取り戻した。そして再び城門を閉じることはないと約束した。それから3年…。 深い絆で結ばれたアナとエルサの姉妹は、王国を治めながら、失われた少女時代を取り戻すかのように、気の置けない仲間たちと平穏で幸せな日々を送っていた。しかしある日、エルサだけが“不思議な歌声”を聴く。 その歌声に導かれ、仲間のクリストフやオラフと共に旅に出たアナとエルサは、エルサの持つ“力”の秘密を解き明かすため、数々の試練に立ち向かう。果たしてなぜ力はエルサだけに与えられたのか。そして姉妹の知られざる過去の“謎”とは? 旅の終わりに、待ち受けるすべての答えとは……。 前作で解き明かされなかった“最大の謎”に直面する。 「私は、どうして人と違うの?どうして私だけに不思議な力があるの―?」 エルサの力の秘密、姉妹の知られざる過去の謎とは? ストーリーを読むだけでも続きが気になって仕方ない展開です! 前作のハッピーエンドで全てがめでたく終わったかの様に思われていたアナと雪の女王。けれど確かに、なぜ、アナにはなくてエルサだけに力が与えられていたのでしょうか…?また、旅に出てしまった優しかった両親について詳しく描かれていませんでしたが、そこらへんも詳細が気になるところ…などなど、他にも考えてみると様々な謎が出てくるのです。 実は今回の『アナと雪の女王2』で解き明かされる謎には、エルサの力の秘密だけではなく、こんなもの達も含まれているのです。 ⒈なぜアナとエルサの両親は旅に出てしまったのか? 前作で姉妹を置いて2週間もの長い船旅に出かけた両親。アナとエルサを深く愛し、特別な”力“を持って生まれたエルサを案じ、城を閉ざして暮らしていた二人。それなのになぜ船で外の世界へと向かったのか? 前作では荒れた海を船旅する最中、両親が命を落とし、姉妹が二人だけ取り残されてしまって悲しみに暮れた様子が描かれていました。しかし、両親が二人を置いて外海へと旅立った理由は明確にはされておらず…今作ではアナとエルサの家族にまつわる、前作では語られなかった物語が…! アレンデール王国の外の世界とは? エルサの戴冠式の際には、諸外国から人々がお祝いに訪れましたが、アレンデール王国の外の世界は雪の山以外、描かれることはありませんでした。本作では“不思議な歌声”に導かれたエルサがアナと共に未知の世界へと一歩踏み出し、王国の外に広がる広大な大地に霧に覆われた森など、王国とは異なる不思議な世界が描かれることに。そこでエルサとアナ、そして前作で大事な仲間になったクリストフとスヴェン、オラフたちを待ち受ける冒険が繰り広げられます。…

Continue Reading